画家にとって筆や絵の具が欠かせないように、彫刻、木彫で制作している自分にとって丸太は欠かせない存在だ。
しかしながらこの丸太が、強くて恐ろしい。
自分よりもでかいし重いし年上で、扱いを間違えれば大怪我もする。
なんだったら丸太のままの方がかっこいいかもしれない。
なので私はどの制作においても、まずはこの強い丸太を弱らせるところから始める。
解体して小さくなれば取り回しやすくなるし、乾燥するのも早い。
「切り開く」ことではじめて見えてくる事もとても多く、閉じていた状態から制作の可能性が広がる瞬間でもある。
木彫の制作というと、木槌(きづち)と鑿(のみ)でコンコンコンとやっているイメージが強いかもしれない(あれは自分にとっては最後の方の仕上げの作業)。
今回の公開制作はアーティストの制作現場というよりは、ほぼ重労働の現場の様相になるかもしれない。
これが私の制作である。
山本麻璃絵WEBサイト